seventh heaven

Kalafina

seventh heaven

空の境界 第七章 殺人考察(後) エンディング

作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記
発売日:2009/03/04
この曲の表示回数:47,447回

seventh heaven
歌って欲しい
静かな愛の言葉
泣いていたのは
貴方のせいじゃなくて
夜の中に消えて行った
淡雪に別れを告げたの

闇の中から聞こえた胸の鼓動が
やっと痛みを私に教えてくれた
この傷に口づけて
儚く触れ合う指を
離さないでいて
ずっと

こんなに明るい世界へ
君が私を連れて来た
眩しくて眩しくて
何も見えない
光の中

強く抱きしめていて
凍えた吐息を分け合い
貴方と私の
名残の雪が溶けて

それは夢のような
日々の中
貴方が笑ってる
それだけでいい
ただ傍にいるから

もう一人じゃない
ずっと
二人で行く
まほろば

歌って欲しい
君の 僕の
夜の 朝の

海の

空の調べ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません