試聴する

真昼の夢の恋人たち

この曲の表示回数 6,468
歌手:

JAYWALK


作詞:

知久光康


作曲:

杉田裕


まるで時間が 止まりかけてる
そんな午後の街 長くて短い
恋のすべてを 読み返す君は

悲しみに 微笑んで
優しく手を差し伸べる

涙枯れるほどに 泣いた日のことも
命よりも 大切だった幻も
ひとつひとつ 心のペ−ジをめくれば
時計がまた動くまで 君は 真昼の夢の恋人

「占い過ぎで 色褪せた夢」
なんて独り言 君はため息
それでもどこかに 眠る思い出は

寂しくても 微笑んで
優しく聞かせてくれる

何もかも忘れてた あの日の二人のこと
「夢じゃない」と 確かめたこと 愛したこと
ひとつひとつ 心のペ−ジをめくれば
ほんの少し悲しいけど 君は 真昼の夢の恋人
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:真昼の夢の恋人たち 歌手:JAYWALK

JAYWALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-05
商品番号:TKCA-73384
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP