試聴する

今年の薔薇

この曲の表示回数 20,040

深紅(あか)に黄に白に 薔薇が咲いた
今、おまえが霧の 水遣(や)る庭先に
俺は縁側の 籐椅子で
過ぎてしまう季節を どうもできなくて
爪を齧(かじ)る
命の限り知って 初めて沁みる ものがあるよ
また鳴くツグミ 空の青 後(あと)に遺(のこ)す
女の傷(いた)ましさ
護(まも)っているからね いつもあの宙(そら)で
たとえ瞳に 見えなくても
独りじゃないからね どんな時だって
駄目な亭主(やつ)でも 信じてほしい

虫の喰った葉を 千切りながら
ふと昔の浮気(こい)を おまえは冷やかした…
したい放題に やって来て
ボロは切りもないけど ごめん、来年は
ここにいない…
膝掛けなんかいいよ それより永遠(とわ)に 焼き付けたい
食器を選ぶ 皿の音 今日のワイン
ふたりの夕暮れを
黙っておくからね 千のありがとう
言えば心が 崩れるから
護(まも)っているからね いつもこの俺が
それがせめても 最後のギフト
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:今年の薔薇 歌手:火野正平

火野正平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-04
商品番号:CRCP-572
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP