試聴する

MACHINE

この曲の表示回数 23,547
歌手:

BUCK-TICK


作詞:

櫻井敦司


作曲:

今井寿


真夜中過ぎTVを飛び出した俺は どこへ向かう満たされちゃいない
何が見えた光と闇の群れ君は 泣くのをやめ機械(MACHINE)に溶け込んだ
oh-oh-oh

ギリギリまで皮膚がちぎれるまで走る 息を止めてこの世を呑み込む
ガラスの雨電飾のビルディング見つめ 正気のままここで夢見るの?

TVモニターが(Who are you?) サヨナラを告げている

飛び込んで行く光速に まぶし過ぎる星になるまで
信じるものは神じゃない 沸きあがる血の匂いだけ

ギリギリまで皮膚がちぎれるまで走る 息を止めてこの世を呑み込む
バカゲテイル奴らちぎれるまで走る 正気のままここで夢見るの?

TVモニターが(Who are you?) サヨナラを告げている
スピードが全て 恐怖だけ感じている

飛び込んで行く光速に まぶし過ぎる星になるまで
信じるものは神じゃない 沸きあがる血の匂いだけ

飛び出して行く光速に 冷た過ぎる風になるまで
信じるものは夢じゃない 走り出すこの俺だけさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MACHINE 歌手:BUCK-TICK

BUCK-TICKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-09-19
商品番号:VICL-60966
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP