つらつら椿

この曲の表示回数 7,271
歌手:

森若里子


作詞:

紺野あずさ


作曲:

弦哲也


真っ赤に染まれば 紅椿
白く開けば 玉椿
惚れた男の 盃に
咲いて浮かんだ 恋の花
艶も色香も つらつら椿
春に添い寝の 夢ひとつ

男はメジロか ヒヨドリか
甘い蜜だけ 吸いに来る
岡惚れ女と 笑われて
ぽとりぽとりと 落椿
人に隠れて つらつら涙
流す朧の 仕舞風呂

昔の男は 年上で
今は年下 好みです
せめて逢う日の 装いは
黒髪(かみ)に椿の 花飾り
肩を抱かれて つらつら椿
春に寄り添う 恋椿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:つらつら椿 歌手:森若里子

森若里子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-04
商品番号:TKCA-90314
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP