泡沫

この曲の表示回数 8,446

ときには冗句で 名も知らぬ場所まで
くたびれた気持を そっと逃したいのに
ぼろきれのように 寝そべる車道のうえ
火照る体をただそっと 冷ましたいのに
燃え尽きるくらいに やれたんだもの
気は 落とさないで ときには密かに
ビルの屋上から 泡沫の実りを そっと眺めたいのに
泣き出せるくらいに 頑張ったこと よくわかってるさ
もしもすぐには 堪え切れないのなら
おやすみの唄を 今そっと 歌ってあげるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泡沫 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/03/25
商品番号:FHCF-9518
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP