パノラマの風

この曲の表示回数 16,162
歌手:

奥華子


作詞:

奥華子


作曲:

奥華子


枯れ草揺れる冬空の下で 僕は君と歩いている
今年の冬は 去年よりもずっと寒くなると言ってたけど

何年先もこうしていられる その事だけは なぜか言い切れるよ
繋がった手が 暖かいから

出逢えた意味を知ることより 君が笑ってくれればいい
失うことに怯えないで 僕には君が見えるから

パノラマの風 宇宙の片隅で 僕は君と話している
曖昧な言葉で困らせて 口笛がほら 途切れたけど

いつか二人で暮らす部屋に 色んな思い出を飾ってゆこう
この瞬間を 忘れないように

今はまだ振り返らないで たとえ険しい道になっても
二人なら行ける場所がある 君に見せたい景色がある

出逢えた意味を知ることより 君が笑ってくれればいい
失うことに 怯えないで 僕には君が見えるから

二人の景色があるから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:パノラマの風 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/11/19
商品番号:PCCA-2779
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP