ときめく頃を過ぎても

この曲の表示回数 6,369
歌手:

PRINCESS PRINCESS


作詞:

富田京子


作曲:

奥居香


初めてキスをした 記念日は忘れたけど
世界中の誰よりも あなたを知っている

ありふれた出来事を 真っ白な花に変えて
部屋いっぱいに敷き詰めて 見せてあげたいの

ときめく頃を過ぎても 同じふたり
幾つもの季節が落としてく いとしさを
着なれたシャツが馴染むように
恋に落ちたあの日より

あなたをもっと好きになれそう
あなたと歩く道 穏やかな風が吹いて
足を止めて見上げたら 星が降りそうな夜

ときめく頃を過ぎても こんなふうに
「愛してる」って言われなくたって わかるでしょ
そんなものかもしれないと 優しい目が笑うから
あなたをもっと好きになれそう

ふたりでいつまでも わかれ道 急な坂も
そうね こんな速度なら ずっと歩いてゆける
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ときめく頃を過ぎても 歌手:PRINCESS PRINCESS

PRINCESS PRINCESSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-01
商品番号:SRCL-3571
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP