駅のない遮断機

この曲の表示回数 7,929
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


坂道の途中にある
この小さな遮断機に 駅はない
通り過ぎる 電車の影
私 幾度 見送ってきたでしょう

この坂道 登り切れば
あなたへやっとたどり着ける
嘘つきで 浮気な彼の
上等な ラブコール 見抜いてるのに

ここはあかずの踏切
必ず待たされるの
通過する度 風圧の中
微笑んでいれば 開くの

気まぐれな そのやさしさ
すがるなんて 私らしくないのに
本当に おちる恋は
しようとして 出来るものじゃないわ

丸い石の間からは
青かった 草につぼみが咲き
いつしか憶えてしまった
学生の制服も あなたのせいね

駅のない遮断機から
あなたに近づくには
開いた時だけ この坂道を
登っていくしかないのよ

ここはあかずの踏切
待ちくたびれたって
きっと私は あなたにとって
最後にたどり着くはずの
終着駅よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:駅のない遮断機 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-11-21
商品番号:PCCA-00011
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP