sakura

shela

sakura

作詞:早川大地
作曲:家原正樹
発売日:2003/07/24
この曲の表示回数:12,657回

sakura
天気雨は通り過ぎ
風のやんだ夏の隙間
二人はいつもこの場所で
夢のありか確かめた

君が残してた言葉から
自分という名の筆をとる

もしもね願いがかなうなら
消えた季節をもう一度
背中に爪あと立てたなら
あの日桜は散るかしら

黄昏色背の高い
竹林の隙間から
手をのばせば届きそう
沈む夕日見えていた

幸せのありか気づかずに
私はいまでもここにいる

なくした思いはいつの日も
胸を後から締め付ける
かわいたこころをなげだして
そしてわたしは強くなる

ねえめぐりあい別れてく季節にもう一度出会えれば
何を言おう何を笑おうこんな涙はもういらない

もしもね願いがかなうなら
いつか思いをもう一度
背中に爪あと立てたなら
あの日桜は散るかしら

なくした思いはいつの日も
胸を後から締め付ける
かわいたこころをなげだして
そしてわたしは強くなる

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:09:30

  1. 黄色
  2. なにやってもうまくいかない
  3. 炎
  4. Cry Baby
  5. この夜を止めてよ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 黄色
  2. PARTY
  3. CHASER
  4. うたをうたお
  5. Dazzling Future

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照