試聴する

夏祭り

この曲の表示回数 12,743
歌手:

あみん


作詞:

岡村孝子


作曲:

岡村孝子


浴衣の裾 そよ吹く風になびかせて
夏の街を そぞろ歩いた
ざわめく人 風鈴の音混ざりあい
夏祭りの夜は 更けてく

とめどなく語り合って
思いきり笑いあえた
毎日をあたり前に
私達 過ごしていた

faraway こんな遠く離れ離れに生きるけど
今も焼きついてる 夜空に咲いた夏の花

都会の隅 平気を纏(まと)い過ごしてる
私宛ての あなたの手紙
ぎこちなさと 不器用なぬくもりあふれ
もつれた糸 ほどいてくれる

喜びや困難さえ
分け合って歩いていた
故郷(ふるさと)の風のように
無防備に泣きたくなる

faraway どんな時も 私のままでいるように
ずっと見つめていて 遠い夜空の向うから

とめどなく語り合って
思いきり笑いあえた
毎日をあたり前に
私達 過ごしていた

faraway こんな遠く離れ離れに生きるけど
今も焼きついてる 夜空に咲いた夏の花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏祭り 歌手:あみん

あみんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/10/22
商品番号:BVCR-11124
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP