試聴する

霧雨楼

この曲の表示回数 16,037
歌手:

山口百恵


作詞:

阿木燿子


作曲:

宇崎竜童


格子戸越しに ぼんやりと
頬杖ついて 外(おもて)をみてます

覗きこんでく 人の目は
淋しさだけを 探しているよう

一夜の夢
一夜の恋

わけ合いましょうか 幸福を
黄昏時は 心細く
あなたの名前をつぶやいてます

うなじにかかる 後れ毛を
指でかき上げ 溜息つきます

窓の下には 紫陽花が
絹糸の中 濡れて咲いてます

今宵だけの
今宵の人

わけ合いましょうか 不幸福

雨の季節は 肌寒くて
涙を一枚 重ね着します

この世限り
この世まかせ

わけ合いましょうか 悲しみも

霧雨の降る こんな夜は
飛べない折鶴 祈り続けます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧雨楼 歌手:山口百恵

山口百恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/06/23
商品番号:MHCL-10039
Sony Music Direct

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP