能登の女

この曲の表示回数 936

能登の女に 惚れたなら
真冬に忍んで 来るがいい
荒磯(あらそ)に 波の花が飛び
魂(こころ)を奪えと そそのかす
あぁ…わたし 何があっても 逢いたい
逢いたい男が いるのです

能登の女が 欲しければ
抱いて一冬(ひとふゆ) 越せばいい
雷鳴 日本海(うみ)にとどろいて
命をもぎ取る 風が吹く
あぁ…わたし 罪を承知で 夜通し
夜通し恋舟 漕ぐのです

能登の女を 捨てるなら
赤子を孕(はら)ませ 去るがいい
地吹雪 夜ごと吹き荒れて
男のあやまち 隠すから
あぁ…わたし 一生一度の 極楽
極楽参りで いいのです

あぁ…わたし 何があっても 逢いたい
逢いたい男が いるのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:能登の女 歌手:伊奈木紫乃

伊奈木紫乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-02-05
商品番号:TKCA-91233
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP