nostalgie

この曲の表示回数 26,923
歌手:

V6


作詞:

Shihomi


作曲:

e-lect


今日も同じ routine work 見慣れすぎたビル
あふれかえる情報網も特に興味はない

感情にフタをしてまた 器用に笑うよ
ほらね そうやっていつからか 自分を演じてる

窓越しに流れてく景色を眺めてた
街も人込みも渋滞も いつもと変わらない
守るべきもの 確かに分かってきたけど
ときどき 不意に懐かしく感じる nostalgie

だからってそれほど 今に不満はない
結局のところ人生は そう 考え方ひとつ

臆病がまた舌を出し ぼくを引き止める
そんな毎日と今日も闘い生きる

Ah... 見送る電車 たたずむホーム
一体何を求めて 時間(とき)を費やしてきた

言いたいことも言えない日々に埋もれ
言葉は今日もぼくの横を素通りする

欲しがるから遠ざかると知ってるはずなのに
足りないから欲しがって また奪い合うのかな...
矛盾を掻き消すように ネオンが彩るよ
そうさ ぼくらはこの街で 生きてかなくちゃな

窓越しに擦れ違う景色を眺めてた
街も人込みも渋滞も 変わりはしないけど
守りたいもの 確かに感じてるから
それはそれで悪くないと呟く nostalgie
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:nostalgie 歌手:V6

V6の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-30
商品番号:AVBD-91567
エイベックス・エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP