試聴する

reminiscence

この曲の表示回数 6,470
歌手:

岡崎律子


作詞:

岡崎律子


作曲:

岡崎律子


春の風吹く道で
あなた想えば 甘い記憶

ここで待ちあわせした
あなたに早く話したくて

いつもいつも つきあわせてごめん
夢中になると何もみえなくなって
つまずいても そばで笑ってくれる
守られていた

空のひらけた川辺
二人の夢を高く飛ばそう

風に乗ったラジコン
空を滑り やがて落ちた

いつか こんな空の下で
どんな夢をみているだろう
まだ知らないまま
ずっとそばにいたい そう思ってた
守られていた

今も思う あのサヨナラの時
今 この指を決して離してはだめ
知っていたのに なぜ
私にはその覚悟がなくて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:reminiscence 歌手:岡崎律子

岡崎律子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-05
商品番号:KICA-591
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP