Lunatic Summer

この曲の表示回数 3,802
歌手:

奥井雅美


作詞:

奥井雅美


作曲:

奥井雅美


青い月の夜 人魚に出逢った
波打ち際ではしゃぐ
笑顔くれた君 名前も知らない
きっと それでよかった

だって二人 手を取り合って Kissをした波に身をまかせ
口にした禁断の果実 今 泡のよう…消えるかな

魔法にかかった短い夏 太陽が残す甘い微熱のせい
秘めてるココロの部屋に誰か隠し
ほんの少し恋した

朝陽が照らした人魚の横顔
透明な海の雫
夢から醒めてもどこから来たのか?
何もきけないまま

その瞳 遠くを見つめ サヨナラのタイミング探している
「これ以上 二人触れ合う時を刻んだら戻れない」

魔法にかかった短い夏 太陽がくれた甘い予感さえ
気づかない程に刹那の恋
一人になるのが恐かった

そう君は人魚ではなく 二人確かに恋に落ちた
でも僕は 受け止める勇気まだ持てなくて 選べなくて…

魔法にかかった短い夏 太陽が照らすはにかんだ笑顔
夏の恋人は蜃気楼と一緒に消えた
この泡のように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Lunatic Summer 歌手:奥井雅美

奥井雅美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-09
商品番号:EVCS-8
evolution

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP