試聴する

夏のモノローグ

この曲の表示回数 12,846

日が傾いて街灯達が 黄昏に気がつく
ためらうように家路につく まばらな影
あの踏切を横切る風が 君を思い出させる
急行列車が駆け抜けて 途切れてく甘い記憶

望んだことのどれだけを 夏の終わりに置いてきたんだろう
きっと君は涙隠してた
いつかのモノローグが 波に漂ってる

ビルの姿が夜にまぎれて 浮かび上がる窓に
何気なく過ごしたあの日々を ガラにもなく映している

サヨナラも言えないままで 時の流れに身を任せている
僕はまだ言葉捜してる
夏のモノクロームに

西の空の夜間飛行 星を結んでく
遠くで待つ人の願いを 一つずつ数えるように

影をのばした夕暮れに 僕らは何処を見つめたんだろう
越えられなかった道がある
かけがえのない時の中 大切なこと言いそびれている
無くして気付く想いがある

いつかのモノローグが 波に漂ってる
君へのモノローグが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のモノローグ 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-27
商品番号:UPCH-1081
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP