彼女は天使だった。

この曲の表示回数 5,041

想い出が涙と共に溢れ出して
ごらん 外は霧で見えない。
透明な部屋の空気に君は溶けて
僕は きつく君を抱きしめた

背中の痣は翼の跡で 彼女はきっと天使だった
君が笑えば雪も降るから ほら ゆっくり踊ろう
彼女は天使だった。
キスの花束を贈ろう

限りなく白に近いブルー
浅い眠り 燃える夢 澄んだ心よ

今更だけど 遅すぎるケド 胸がせつなくて死にそうさ
僕が残した傷が癒える頃は 季節もかわって
誰かの胸の中で 優しく笑っているのかなぁ

消えた砂のお城に ラインストーンを残して
彼女は哀しい瞳をしていた
近い未来を見るように...

背中の痣は翼の跡で 彼女はきっと天使だった
君が唄えば 花も咲くから ほら ゆっくり踊って
君が残した最後の羽は も心の奥深く
ゆれているから 取りに来てね いつか
もう迷わないで

彼女は天使だった。
キスの花束を贈ろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:彼女は天使だった。 歌手:FANATIC◇CRISIS

FANATIC◇CRISISの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-07-28
商品番号:KHCM-1005
ソルブレイド

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP