THE WAR SONG

この曲の表示回数 22,710
歌手:

山下達郎


作詞:

山下達郎


作曲:

山下達郎


見上げれば 一面に
しどけない闇が拡がり
テーブルのテレビジョン
瞳の無い顔が笑う

悲しみの声は世界に満ち溢れ
夜が近付いて来る

本当の事なんて
何一つ届きはしない
幸せの振りをして
むせ返る街のざわめき

悲しみの声に答える術もなく
僕はどうすればいい

(愛よ) 教えておくれ
(どうぞ) このまま僕等は
(すぐに) 何処へ行くと言うの

名も知らぬ友達よ
君の国なんて遠い
道端の子供達
叫び声は風に消える

誰一人知らぬ間に
鋼鉄の巨人が目覚め
老人は冬を呼ぶ
キャタピラの音が轟く

悲しみの声は世界に満ち溢れ
夜が近付いて来る

悲しみの声に答える術もなく
僕はどうすればいい

WE JUST GOTTA GET UP RIGHT NOW!
WE MUST SAVE THIS WORLD SOMEHOW!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:THE WAR SONG 歌手:山下達郎

山下達郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-02
商品番号:WPCV-10022
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP