雨ニ唄エバ

この曲の表示回数 16,375
歌手:

Plastic Tree


作詞:

有村竜太朗


作曲:

長谷川正


いつもより低い空。
少し寂しくなる。
うつむいて僕は歩いてる。
雨粒が落ちてきた。
丸い跡になる。
灰色の道に残ってく。
傘の中で僕は微笑む、
見えないように隠れて。

絶え間なく降り注いで。
僕が「雨ニ唄エバ」
はしゃいでる目の前が
全部ぼやけていく。

雨の糸。涙色。
(泣いているのは誰?)
濡れている左側の肩。
手で作るフレームに
閉じ込めてみるよ、
むかし観た映画みたいな今日。
傘の中で聞いてる雨音、
ひとつひとつが優しい。

絶え間なく降り注いで。
僕が「雨ニ唄エバ」
はしゃいでる目の前が
全部ぼやけていく。

絶え間なく降り注いで。
僕が「雨ニ唄エバ」
はしゃいでる目の前が
全部ぼやけていく。
雨粒が残していく
丸い小さな花が、
道の上、いっぱいに
咲いて広がっていく。

咲いて広がっていく。

咲いて広がっていく―。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨ニ唄エバ 歌手:Plastic Tree

Plastic Treeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/09/21
商品番号:AECR-1005
プライエイド

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP