試聴する

北斗の星

この曲の表示回数 16,843
歌手:

細川たかし


作詞:

たかたかし


作曲:

弦哲也


風が 風が走る
雪が 雪が舞う
白い大地をふるわせて 吼える冬が来た

涙も凍る 北の果て
黙っておれに ついて来てくれる
道なき広野を 命をけずり
骨になるまで開拓して
ふたりでなろうよ 北斗の星に

嵐になれば 地に伏して
雪降るときは 雪と添い寝して
おまえと流した 涙と汗が
いつか来る日の時代を呼ぶ
ふたりでなろうよ 北斗の星に

やがて太陽射して
青い空の下
北の山河がざわめいて 赤い花が咲く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北斗の星 歌手:細川たかし

細川たかしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-21
商品番号:COCA-11660
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP