心の三叉路

この曲の表示回数 9,788
歌手:

五木ひろし


作詞:

松本隆


作曲:

金子隆博


青い日々が自転車をこいで
夢のほとりを横切ってゆく
名も知らない隣町の娘が
何故か心に浮かぶこの頃
声をかけてれば違う運命を
歩いたかも知れぬ あの日
人は数え切れない三叉路で
悩み悩んで道を選ぶ
もしもあの時 ああすれば
悔やんでみても戻れない
時の三叉路

坂を上がりまた下がってゆく
人生なんて その繰り返し
長い橋の半分まで来て
向こう岸には何も見えない
本当は別の女性と生きてる
確率もあったと思う
人は数え切れない三叉路で
悩み悩んで道を選ぶ
ただひとつだけ言えるのは
生き方だけはつらぬいた
時の三叉路
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:心の三叉路 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-10-23
商品番号:TKCI-30698
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP