試聴する

みちのくブルース

この曲の表示回数 17,762
歌手:

吉幾三


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


すがりつきたい 男がいた
だけど止めたいの 泣きながら
夜の青森 あなたを待って
春が 三度も過ぎました
霧笛がいやだよ みちのくブルース

夢を見ました 三年前の
枯葉舞い散る 国分町
肩を抱き寄せ 叱ったあなた
秋が三度も 過ぎました
お酒が苦いよ みちのくブルース

雪に埋もれた 想いで抱いて
酒に溺れて 泣いていた
ここは福島 小名浜の町
暖簾しまって コップ酒
ひとりじゃ淋しい みちのくブルース

風に吹かれて 日本の海を
貴方忘れに 男鹿半島
涙捨てます これからずっと
冬が三度も 過ぎました
川反通りを みちのくブルース

最上川ぞい 女がひとり
歩く姿に 振り返る
私そんなに 弱くはないわ
恋がいくつも 過ぎたから
女の唄です みちのくブルース
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みちのくブルース 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-09-25
商品番号:27CAT-109
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP