はじめての夏

この曲の表示回数 38,076
歌手:

SMAP


作詞:

森浩美


作曲:

馬飼野康二


自転車を立て掛けて 夏草の土手に座った
話にうなずく君の向こう 電車が川を渡ってく
突然夕立ちに追われて 逃げ込んだ鉄橋の下
息が止まるほど君のことずっと見てた…

せつないこの気持ち 素直につたえるよ
君に何も言えなかったら後悔しそうさ
僕は特別な恋なんて 望んでなんかいないよ
君の涙を指でぬぐえる そんな距離にいつもいたい
空は晴れて 夏がやってくる

夕暮れの野球場 スタンドには誰もいない
君は水たまり避けて歩く 僕のシャツをつかみながら
一緒に君といるだけで いつもの風景も違う
不意に友達が恋人に変わる そして…

せつないこの気持ち 素直につたえたとき
「ありがとう」って僕の肩に頬寄せてくれたね
僕は特別な恋なんて 望んでなんかいないよ
だけど今から君がいちばん ああ大切な人になる
君と過ごす 夏がやってくる

La La La ..... La La La .....

せつないこの気持ち 素直につたえるよ
君に何も言えなかったら後悔しそうさ
僕は特別な恋なんて 望んでなんかいないよ
君の涙を指でぬぐえる そんな距離にいつもいたい
空は晴れて 夏がやってくる

La La La ..... La La La .....

「これから初めて僕達の」 「夏がやってくるよ」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はじめての夏 歌手:SMAP

SMAPの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-29
商品番号:VICL-631
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP