試聴する

流れのままに

この曲の表示回数 41,511
歌手:

五木ひろし


作詞:

安麻呂


作曲:

五木ひろし


名もなき儚(はか)ない 花でさえ
無情の雨に 耐えている
誰れもが孤独(ひとり)さ せつないけれど
人の情(なさけ)が 心にしみて
熱い涙が 頬濡らす
花をかざした 愛しいお前
やがて めぐりくる 春を 待てばいい

水面に流浪(さまよ)う 人の身も
冷たい風に 期待(あて)もなく
誰れもが孤独さ 心が揺れて
命預けた 浮き舟ならば
流れのままに そのまゝに
花をかざした 愛しいお前
生きる 倖せ 花と 咲けばいい

心ひとすじ 焦(こが)れて燃えて
過ぎし幾年月(いくとせ) ひたすらに
花をかざした 愛しいお前
やがて めぐりくる 春を 待てばいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流れのままに 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989/01/25
商品番号:32NT-147
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP