淡雪のひと

この曲の表示回数 11,014
歌手:

美川憲一


作詞:

水木れいじ


作曲:

水森英夫


わかれ旅なら これきりならば
抱いてやりたい おもいきり
あの日夜桜 浮かべた川に
今日は名残りの 雪が舞う
お酒に酔って はしゃいだあとの
口紅(べに)がせつない 淡雪のひと

風の音にも 目覚めてすがる
罪はおまえに ないものを
眠れないまま 身をよせあえば
こころ乱れる 夜明け前
半年早く 出逢っていたら
それもみれんな 淡雪のひと

ひとりこれから どうして生きる
聞けば蛇の目傘(じゃのめ)で かくす頬
次の世で逢う 目じるしなのか
そんな気がする 襟ぼくろ
意地でも泣きは しませんからと
言って泣かせた 淡雪のひと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:淡雪のひと 歌手:美川憲一

美川憲一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-05-07
商品番号:CRCN-1352
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP