飴玉

この曲の表示回数 8,224
歌手:

サクラメリーメン


作詞:

小西透太


作曲:

小西透太


飴玉を舐めていました ゆっくり味わえるように
溶かしながら 溶かしながら 舌の上を転がして
妄想が飛んでいきました あらぬ方向君のもとへ
溶かしながら もうすでには呑み込んでやりたくなりました

眩い影が僕のすべて 光ではないけれども
いつしか僕はジャンキーのように君を求め続けていくのね

飴玉を舐めていました ゆっくり味わっていたのに
溶かしながら 欲に負けて 唾とともに呑み込んだ
3秒で後悔しました 嗚咽したところで遅く
失ってしまった 君を食べた それはそれで嬉しくなりました

眩い影が僕のすべて 光ではないけれども
いつしか僕はジャンキーのように君を求め続けていくのね

「ハイ、ハイ」

眩い影が僕のすべて 光ではないけれども
いつしか僕はジャンキーのように君を求め続けていくのね

そんじゃバイバイ じゃあねバイバイ 君を求め続けていくのね

「ハイ、ハイ」

飴玉を舐めていました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:飴玉 歌手:サクラメリーメン

サクラメリーメンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-23
商品番号:VICL-62370
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP