漁火港

この曲の表示回数 11,558
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

志賀大介


作曲:

山本あやお


ずい分遠くまで来たナァ…
ひと休みして行こうか

お袋みたいに温ったかい
漁火ゆれる 港町
俺もおまえも人生の
旅の途中のエトランゼ
今宵いのちの 酒を注ぐ

心の荷物を降ろしたら
少しは前が明かるかろ
潮の香りの小座敷で
夫婦みたいに差し向かい
外はやらずの港雨

泣いたって仕方がないさ
分かっているけど…ああ…

こぼれた涙で 夢と書く
男の夜を 誰が知ろ
浜の磯笛聞きながら
情け抱き寝の 港宿
明日は また旅 旅路酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:漁火港 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-09
商品番号:CRCN-50045
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP