漁火港

鳥羽一郎

漁火港

作詞:志賀大介
作曲:山本あやお
発売日:1996/10/09
この曲の表示回数:22,884回

漁火港
ずい分遠くまで来たナァ…
ひと休みして行こうか

お袋みたいに温ったかい
漁火ゆれる 港町
俺もおまえも人生の
旅の途中のエトランゼ
今宵いのちの 酒を注ぐ

心の荷物を降ろしたら
少しは前が明かるかろ
潮の香りの小座敷で
夫婦みたいに差し向かい
外はやらずの港雨

泣いたって仕方がないさ
分かっているけど…ああ…

こぼれた涙で 夢と書く
男の夜を 誰が知ろ
浜の磯笛聞きながら
情け抱き寝の 港宿
明日は また旅 旅路酒

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

注目度ランキング

  1. With Us
  2. Walk It Like I Talk It
  3. 初恋が泣いている
  4. Algorithm
  5. OUTSIDERS

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照