試聴する

天使の舞い降りた朝

この曲の表示回数 14,530
歌手:

大野靖之


作詞:

大野靖之


作曲:

大野靖之


僕は今年でもう 二十歳になるんだよ
僕は今年でもう 二十歳になるんだよ

もしも僕の声が聞こえているのなら
たった一言だけ「愛してる」と言って
辛さ隠しながら仕事に向かって
僕らのためならば 無理はもうやめて

戻れるのならあの頃へ あなたに抱かれ眠った頃
カーテンを開けると嬉しそうに笑って
なんか太っちまったね 食べ過ぎはよせよ

部屋に一人ぼっちで寂しかっただろう
ベットの上ばかりで悔しかっただろう
燃えるあなたの手は あの頃のまま
優しいあなたの匂い あの頃のまま

いくつになってもあなたと 同じ血潮が流れてる

深い眠りにつき返事も返ってこない
もう一度僕の手を強く握り返して
雪の降る寒い朝 天使が舞い降りて
あなたを連れて行き「星になれ」と言った

答えておくれ最後に 何も言わずに行くのかい?
あなたの分も生きよう いつも僕らを見ていて
伝えきれない僕の事 いつか話せるその日まで
あなたに逢えてよかった

あなたに逢えてよかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天使の舞い降りた朝 歌手:大野靖之

大野靖之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-26
商品番号:FRCA-1189
ユーキャン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP