試聴する

22歳のひとり言

この曲の表示回数 10,254
歌手:

大野靖之


作詞:

大野靖之


作曲:

大野靖之


兄貴が家を出た時まだ僕は九つで
わざと強がってみせたりして 本当は淋しいくせに
言うまでもなく母さんは大粒の涙流し
見送りに立ったあの背中が 今でも焼きついてる

アルバムの中にそっとしまっておこう
五人で並んだ写真のようにまた仲良く暮らそう

いつも遠くにいるような父さんがとても大好きで
優しさに満ちた瞳の奥で 何を思ってるんだろう
優しさゆえに父さんは母さんのグチや文句も
だまってうなずき言い返さず けんかは見たことがない
僕を愛する以上に息子を愛する以上に
ママはパパのことパパはママのこと 愛し合ってほしいんだ

アルバムの中にそっとしまっておこう
二人が出逢った奇跡に今心込めてありがとう

小学六年の春 母さんが病にかかる
平気な顔して笑っていた 僕だけに見せた顔
中学に上がり僕の活躍を話す度に
どれだけの笑顔こぼしただろう 期待通りの僕に
ある日嘘ついた僕に傷跡見せてこう言った
「ママはもう死んでしまうのよ」と強く言い聞かせた

苦しかったろう 悲しかったろう
どんな風に受け止めたんだろう
暗い闇の中で一人 明日におびえていたのだろう
命ある限り誰もが生きていく
生きていることが奇跡に思えた十五の僕の心

僕が十六の時に兄貴は家に戻された
おやじにすべてを聞かされた時 自分を強く責めていた

アルバムの中にそっとしまっておこう
五人がそろってまた笑えたことを僕は忘れない

川の向こうでみんなが僕に笑って手を振る
「どこに行くの?」と聞いても答えない その時目が覚めた
涙が 涙が止まらない 僕を一人にしないで
愛する人を失うことに怯えた十七の夏

「大学ぐらい出なさい!」と母さんはいつも言うけど
僕はもう心に決めたんだ 大きな夢があるんだ
言うまでもなく母さんはしかめっ面どなり声で
どれだけため息をついただろう 期待外れの僕に

アルバムの中にそっとしまっておこう
「頑張りなさい」と僕の夢許した母さんの笑顔忘れない

僕の最後のステージに母さんはきっといたんだ
天国への列車を待たせて僕の歌をきいてた
次の朝何も言わずに母さんは星になったんだ
「いつでもみんなを見守ってる」と言ってるような気がした

アルバムの中にそっとしまっておこう
あなたにもらったこの十八年を今胸に刻もう

あの日母さんが植えた花は今年も咲きました
少し静かになったこの部屋にまた春が来ました

人は誰も年を取り命燃え尽きるもの
その時誰がそばにいるんだろう 手を握ってくれるんだろう
最初で最後の短き人生よ
眠りにつく時生まれてよかったと泣けるように生きよう

アルバムの中にそっとしまっておこう
五人で並んだ写真のようにまた仲良く暮らそう
かけがえのない僕の家族よ いつも幸せであれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:22歳のひとり言 歌手:大野靖之

大野靖之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-26
商品番号:FRCA-1189
ユーキャン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP