試聴する

午前3時

この曲の表示回数 3,657

時計は午後10時
ぼくはバスにのりこむ
しばらく会えないって
きみに留守電残して

あの町を彩るあかりは見えなくなった
頑固になるだけ
距離は離れていくんだ

しらけた暗闇の中で
ぼくは動き始めてる
タイヤの轟音だけが 優しくぼくを包んでくる

わがまま 気まぐれ
会えないってのに会いたがって
でも 涙はノーサンキュー
優しいことがぼくのステータス

いつだって強がって
いったい何のためだった?
いまはこんなにもきみの声が聞きたいのに

しらけた暗闇の中で
ぼくはいつでもさまよってる
前が見えないことを 前に進む理由にして

目を覚ますとバスは休憩地点 午前3時
震えたポケットの受話器口に耳をすました

どうしてぼくたちはいつも分かり合えないんだろう
見上げると少しだけ 真っ黒の夜空がゆれた

しらけた暗闇の中で
ぼくはいつでもさまよってる
何かを信じてみたり
何かを疑ってみたり

明日が今日に変わるこの瞬間
少し素直になれたなら
耳元で呼ぶその声が 優しくぼくを包んでくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:午前3時 歌手:磯貝サイモン

磯貝サイモンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-02-20
商品番号:VICL-62757
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP