試聴する

春の憂鬱

この曲の表示回数 5,227

心の内までさらす 駅前の歌うたい
まだ僕は やりきれない桜の花びらを浴びている

なまぬるい風に向かい
なまぬるい歌詞(せりふ)吐いた
そんな言葉じゃ 誰も分かってくれない
自分自身でさえ素直になれず
町は流れ流れて 僕はおいてきぼり

静かにけむりが真横にのびてく
その先には何もないけど
消えかかる道しるべ 必死で手伸ばした
今日もその場しのぎに甘えて つかめない

間違いなのか真実なのか
誰も教えちゃくれない
さて僕は この先も
なにか大事なもの見つけられるかな

なまぬるい風に向かい
なまぬるいけむり吐いた
そんな仕草じゃ 君はわかってくれない
胸元の隙間 ひらり揺れるスカート
春を感じているのは君だけじゃないか

ここでこうして立ち止まってても
現実が離れていくだけ
このため息だって君のせいだよ
足元にたまってく 春の憂鬱

ズットマエカラオモッテタコト
イマモマダマギレナイ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の憂鬱 歌手:磯貝サイモン

磯貝サイモンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-02-20
商品番号:VICL-62757
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP