空中分解

椿屋四重奏

空中分解

作詞:中田裕二
作曲:中田裕二
発売日:2004/04/21
この曲の表示回数:30,982回

空中分解
俺はこの手を透かした 銀色のまばゆい陽の光
遮りながら道を歩いた お前にただれたその後に

指の先に染みついた もどかしい記憶に立ち眩む
鋭い爪が背中を裂いた お前にただれたその挙げ句

魂が宙を舞った 手綱を解いて
悲しいが満たされ 帰れなくなった

必要以上に どこか異常な
言葉をちりばめて 喜ぶ

魂が宙を舞った 見境なくなって
罪に踊らされ 帰れなくなった

魂が宙を舞った 手綱を解いて
悲しいが満たされ 帰れなくなった

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません