試聴する

空中分解

この曲の表示回数 25,797
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


俺はこの手を透かした 銀色のまばゆい陽の光
遮りながら道を歩いた お前にただれたその後に

指の先に染みついた もどかしい記憶に立ち眩む
鋭い爪が背中を裂いた お前にただれたその挙げ句

魂が宙を舞った 手綱を解いて
悲しいが満たされ 帰れなくなった

必要以上に どこか異常な
言葉をちりばめて 喜ぶ

魂が宙を舞った 見境なくなって
罪に踊らされ 帰れなくなった

魂が宙を舞った 手綱を解いて
悲しいが満たされ 帰れなくなった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空中分解 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:UKDZ-0034
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP