試聴する

硝子玉

この曲の表示回数 14,046
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


私に向ける視線も今は 熱を失い曇る硝子玉
聞き返すような真似は出来ない 微かに見えたあの日の惑い

無限に続く程の思いが 些細な傷で潰えてしまう
記憶が色を失う頃に この苦しみも消えるのでしょうか

知る度後に引き返せない 赤い鼓動に突き動かされて
血がたぎるのを押さえきれずに 雨に打たれて熱を冷ました

波音だけが響く砂浜 我を忘れて夢に泳いだ

知る度後に引き返せない 赤い鼓動に突き動かされて
血がたぎるのを押さえきれずに 雨に打たれて熱を冷ました

雨がちぎれて道に残った
夕陽を映して寂しく揺れた
夕陽を映して寂しく揺れた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:硝子玉 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:UKDZ-0034
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP