季節の風達

この曲の表示回数 5,951

優しい街の流れに巻かれて僕は気付いた
少しも忘れていないことを

僕はバスを降りて待ち合わせの喫茶店へ
どこかに隠した思いは時間を飛び越える
もう少しここで
待ってみることにしたから
窓の外に暖かな季節の風が吹く
学生通りには冷めたコーヒーが似合うな
僕は今君を思っている

遠くの空に広がりやがてここにも落ちるよ
僕らはひとこと忘れていたのさ
新しい日に戻れないくらい

僕らいつの日にか
何もかもなくしてしまう
雲の隙間に鮮やかな空を見つけた
季節が大きく風達を誘い込んだら
懐かしい日々に迷うだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節の風達 歌手:空気公団

空気公団の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-19
商品番号:BNCL-30
バッドニュース音楽出版

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP