試聴する

迷路

この曲の表示回数 85,778
歌手:

奥華子


作詞:

奥華子


作曲:

奥華子


私にとっては ただのゴミにしか見えない紙切れも
誰かにとっては 大切なお守りかもしれない

尖った言葉のナイフで 平気で人を傷つけて
見て見ぬふりをしている 「友達」という名前の人

迷路の出口を見つけても またそこは迷路の入口で
自分だけ置き去りにされそうで 暗闇の中もがいていた

たった一人でいいから 私の味方が欲しかった
ずっと心に抱えた 私の声を聞いて欲しい

色眼鏡で人を見て 本当の事を見失って
それぞれの悲しみなど 同じものでは計れない

単純な物語のように 上手に生きてゆけたなら
だから今 この胸を空っぽにして 人を信じて愛してみたい

世界中を敵にしても 誰も私を知らなくても
たった一人だけでいい 私を抱きしめてくれたら

僕達は同じ場所に立ってるけど 本当は違う景色を見てるのかな?
誰にも分らない 迷いなど消えない ゲームの世界ではない

たった一人でいいから 私の味方が欲しかった
ずっと心に抱えた 私の声を聞いて欲しい
無くしても 嘘でもいい ずっと誰かを愛せたなら
抱きしめた心の中 いつか私に届くのかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:迷路 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/03/05
商品番号:PCCA-2620
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP