DROP

この曲の表示回数 23,958
歌手:

奥華子


作詞:

奥華子


作曲:

奥華子


いつから擦れ違ってたんだろう 一度は許し合えたのに
愛しくて窮屈だった部屋に 君はもういない

派手すぎるカーテンも食器棚も無かった
君と出会う前の僕に戻っただけ
それなのに心だけ取り戻せない
どこに落としてきたのだろう

君がいなくなった部屋を探していた
誰よりも君の事 知ってたはずなのに
格好悪いくらいに 君を探してた
テーブルの向こう側に いつもいたのに

何度も繰り返した日々は 夕焼け雲に誘われて
小さなベランダから見える 街さえも陰る

冷蔵庫に残された 手作りドレッシング
「よく振ってね」と書いてある君の文字
それを手にした僕は 動けなくなる
あの日々は二度とかえらない

君がいなくなった部屋を探していた
憂鬱な雨の日も 寒い朝でも
君といればどんな事も どんな時だって
乗り越えて行けるんだと思ってたのに

引き出しを開けるたび コップを洗うたび
いちいち君を思い出してる
こんな僕をどこかで君は想像してるかな
それとも全てを忘れるのかな

君がいなくなった部屋を探していた
傷つけて 涙して 抱き合った日も
格好悪いくらいに 僕は探してた
テーブルの向こう側に 君はもういない
いつもいたのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:DROP 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-05
商品番号:PCCA-2620
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP