この曲の表示回数 14,453
歌手:

さだまさし


作詞:

さだまさし


作曲:

寺岡呼人


病室の狭い窓から 街路樹の花咲く音が聞こえる
緑は音も立てずに ひと雨ごとに深まる
四角い窓の空へ あなたはため息ついた
その切なげに曇る笑顔を 守りたいと思う
ふるさとへ帰ろうか 寂し気に呟くけれど
あなたと暮らす町が いつもわたしのふるさと
マロニエの花の真白さと
生命(いのち)が目映いね あなた

一番辛いはずの あなたが笑ってるから
窓辺の花を変えよう 未来色のポピーに
少し窓を開けたら 春の鳥が聞こえた
わたしで構わないなら ずっと離れないよ
希望よ舞い上がれ 高く高くもっと高く
いつまでも側にいるよ 今までもこれからも
大丈夫ふたりの歩幅で
少しずつ歩こう

頑張りすぎないで でも決してあきらめないで
強い夢ならばきっと
いつか必ず叶うから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:窓 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-12
商品番号:FRCA-1181
FOA RECORDS(P)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP