去し方の宿

この曲の表示回数 8,290
歌手:

大月みやこ


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


春知らぬ 厚岸草(あっけしそう)の
紅は怨みの 色なのか
さだめ似通う 放浪花(さすらいばな)を
抱けば時雨れる 去し方の空

しあわせを 分け合えなくて
泣いて別れた ひともいた
北の岬に 漁火 燃えりゃ
思い出します 去し方の宿

盃に 浮かべて偲ぶ
母よいとしの 故郷よ
月日は戻らぬ 旅人だから
ギター泣け泣け 去し方の歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:去し方の宿 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-20
商品番号:KICX-6231
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP