春告鳥

作詞:星野哲郎
作曲:弦哲也
発売日:1993/11/01
この曲の表示回数:12,298回

春告鳥
春というのに 私の胸の
厚い氷は 解けないの
おまえは俺の 生き甲斐だよと
あなたが口説いて くれるまで
春告鳥は 歌えない
ほんとの歌が 歌えない

生きているのは 愛するためよ
愛が女の 支えなの
すべてを奪い すべてをささげ
二人が一つに なれるまで
春告鳥は 翔べないの
青空さして 翔べないの

早く解かして 私の胸の
厚い氷の 花びらを
もう迷わない 一生かけて
おまえを守ると 言われたら
春告鳥は 歌い出す
命の歌を 歌い出す

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 3:15

  1. 恋の旅路

    大川栄策

  2. 知床番屋

    山口ひろみ

  3. また、また明日

    石鹸屋

  4. 想い

    川村万梨阿

  5. HIDE YOU feat.chelmico

    STAMP

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成