花の生涯

この曲の表示回数 16,303
歌手:

北島三郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


人は何かに 打ち込むときの
姿がいちばん 美しい
これが仕事と 男が決めた
道に上下があるもんか
流されながらも 力のかぎり

生きる 生きる 生きる
それが それが それが
花の生涯だ

谷の紅葉を こぼれた露も
流れて千曲の 川になる
他人の知らない 涙を噛んで
明日につなげる 今日の負け
そしられながらも 自分を曲げず

生きる 生きる 生きる
それが それが それが
花の生涯だ

人と生まれて 心を待てば
すててはゆけない 道がある
蔦や小枝は ちぎれもするが
なんで切れよう 情け糸
ひとつの命を 刻んで分けて

生きる 生きる 生きる
それが それが それが
花の生涯だ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花の生涯 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-24
商品番号:CRCN-40159
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP