国定忠治

この曲の表示回数 15,474

(台詞)
「赤城の山も今夜を限り、生れ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、国を捨て、
可愛い子分の手前(てめえ)達とも別れ別れになる道途(かどで)だ。」

強い者だけ 大手を振って
渡る世間に 横車
押して追われて
今宵限りの 赤城山
月を浮かべた 水盃を
干して忠治の 男泣き

『たとえ義理でも 親子の縁を
切って来たのか 渡世ゆえ
さぞや辛かろ この国定を
許せ 板割り浅太郎
せめて形見の 勘坊だけは
後生大事に 抱いて行け
吹いて呉れるか 円蔵どんよ
せめて供養の 横笛を
渡る雁さえ 貰い泣き』

広く見えても 関八州は
追われ鳥には 狭い空
明日はいずこの
夢で見るやら 赤城山
すがる子分を 目顔で叱り
結ぶ忠治の 長草鞋
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:国定忠治 歌手:市川由紀乃

市川由紀乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP