水影

この曲の表示回数 9,479
歌手:

遊佐浩二


作詞:

松井五郎


作曲:

稲田昌宏


思うより速く
満ちてゆく雨音
気がつけば川が
そこから生まれる
絆の深さを記し

ひとつの雫が
はじまりだとしても
それぞれの果てに
筋(みち)は分かつのか
願いは思いを拒む

何処であろうと なにが待ち受けようと
行くべき先が 運命(さだめ)だと言うのなら
どこまでも 流れて 流れて

水面をたゆたう
雲を手に掬えば
映り込む影は
自分の半身(まぼろし)
孤独が波紋を投げる

何処であろうと 誰とめぐり逢おうと
成すべきことが 宿命(さだめ)だと言うのなら
どこまでも 流れて 流れて

時に激しく 時になだらかに

何処であろうと なにが待ち受けようと
誰とも違う 欠けた月を浮かべて

何処であろうと 何が待ち受けようと
行くべき先が 運命(さだめ)だと言うのなら
どこまでも このまま 流れよう
永遠に 流れて 流れて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水影 歌手:遊佐浩二

遊佐浩二の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-05
商品番号:GBZC-3
コナミデジタルエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP