明治大恋歌

この曲の表示回数 17,248
歌手:

守屋浩


作詞:

星野哲郎


作曲:

小杉仁三


日露の戦争大勝利
まだうら若き父と母
チンチン電車のランデブー
空は青空日曜日
そもそもその日の父さんは
マンテルズボンに山高帽
自慢の懐中銀時計
ふかすたばこは天狗堂
左に宮城おがみつつ
東京府庁を右にみて
馬場先門や和田倉門
大手町には内務省

側により添う乙女こそ
当時十九のお母さん
えび茶の袴のすそ軽く
髪に流行のボンネット
さっさと追い抜く人力車
みなさい電車というものが
かくも素早く走るのは
これみなエレキの力なり
いつしか上野広小路
さて公園に見るものは
西郷翁の銅像よ
東照宮のみたまやよ

ステッキ片手に父さんが
うたうは甘きハイネの詩
若きふたりの未来をば
ミルクホールに語らずや
片道五銭でつりがくる
軍人さんなら割引きだ
パッと飛び散る電線の
開花明治の恋の花
京橋わたれば更にまた
光まばゆき銀座街
路には煉瓦をしきならべ
並木の柳風すずし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:明治大恋歌 歌手:守屋浩

守屋浩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-21
商品番号:CRCN-50117
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP