恋、花火

この曲の表示回数 28,417
歌手:

奥村初音


作詞:

奥村初音


作曲:

奥村初音


浴衣姿で 手と手をつなぐ
天神まつり だけど今は ひとりぼっち

両手をあげても 触れない空に
肩を並べて 同じ願いかけた あの日

もう二度と果たされぬ約束残して 死んでしまったの

暗い空に散りばめられる 無数の花びらは
あたしをひとりにして 涙で滲む命
暗い空に散りばめた想い もう一度あなたのとなりで
消えそうな ぬくもり あの香り 目をとじて

今年も花火の季節がきたね
浮かび上がるのは いつかの となりで笑う顔

見あげた宇宙のように 遠く儚い季節を 感じてた

暗い空に散りばめられる 無数の花びらは
あたしが絶え間なく つみ重ねてきた気持ち
だから明日も来年もずっと つないだこの想いだけは…
あなたがいる空に 散ってしまいませんように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋、花火 歌手:奥村初音

奥村初音の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/09/05
商品番号:AVCD-31289
エイベックス・エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP