この曲の表示回数 17,003
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

新本創子


作曲:

三原綱木


鯱って奴は 自分より
でっかい獲物に 喰らいつく
そんな男に なれやと親爺
肩の寒さに 夢かと醒めりゃ
汽車は三陸 霧の朝
ネオンに咲いた 月見草
哀しい女を また泣かせ
北の海へと 流れる俺さ

竜飛岬(たっぴみさき) さびれ宿
厄介かけるぜ 二、三日
時化る港で 酒飲む男
歌もなければ 言葉もないが
やけに拳が 熱くなる
捨てたらいやと しがみつく
愛しい女に けりつけて
潮の匂いに さすらう俺さ

鯱って奴に なれるよな
度胸があるかと 風が聞く
馬鹿な男に なるだけなるさ
船をのみ込む シベリヤおろし
染みた背中が 疼きだす
都会で暮らす 俺ならば
お前に溺れて 暮らすだろ
北の海へと 流れる俺さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鯱 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-09
商品番号:CRCN-50045
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP