雨の日の仲直り

この曲の表示回数 5,680

雨の日はいつも一人きり
窓越しに思い出を見る
曇ったガラス指で文字を引く
「ありがとう」と心にウソを

言いたい言葉は沢山あるけど
笑った思い出沢山あるから

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
空にかかる虹を指差し
二人で過去に背を向け
明日を夢見て

あの頃と今を重ねても
はみ出してしまうよ僕が
心ではいつも夢を見て
頭では現実を知る

言い訳したい事沢山あるけど
「ごめん」とあやまる方がいいから

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
空にかかる虹を指差し
二人で過去に背を向け
明日を夢見て

いつか曇り空からのぞく
晴れ間をゆっくり待って
瞳閉じて風のゆりかご
しばらくあの頃のまま
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨の日の仲直り 歌手:平川地一丁目

平川地一丁目の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/02/28
商品番号:DFCL-1344
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP