薄夕湖

この曲の表示回数 41,542
歌手:

ジン


作詞:

ジン


作曲:

ジン


湖面をたゆたう薄夕の風は
石混じりの砂へ透明な波を送る
それは、この目で見る限りは、
一分の狂いも無く。

「Re: Re: Re: Re:」「Re: Re: Re: Re:」
この涙が幾度、流れようと、
海に変わることもなく。

裸の足で砂地から水へ
首まで浸って そのまま遠くへ
強いのは誰?
弱いのは、誰?
やがては風もここに留まり。

「Re: Re: Re: Re:」「Re: Re: Re: Re:」
恒間見たこの瞬間の景色が、
鮮やかで…心、解ける。

「Re: Re: Re: Re:」「Re: Re: Re: Re:」
この体が幾度、旅立とうと、
砂に成り風になる。

朱色に染まるあの太陽が
真正面、言葉を投げかけるように
泣きぬれた、体を射す。

この世の全てを許す光
この世の全てを包む光

君に太陽の祝福を
目を細めて君が笑う姿を

今までとこれからを通り過ぎ
その、最後の日まで。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:薄夕湖 歌手:ジン

ジンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-02-28
商品番号:QQCL-23
パームビーチ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP