春の手紙

この曲の表示回数 25,808
歌手:

大貫妙子


作詞:

大貫妙子


作曲:

大貫妙子


冬空に架る Rainbow
風は運んでくる
あなたとつないだ手の 甘いぬくもり
ただそばにいるだけで
しあわせだったのに
「好きだ」とは 最後まで
口にしなかった

時が過ぎても 本当のことを
知りたいと思う時があるの

めぐる季節を
私は見てる
心に芽ばえる
新しい春を待つように

あなたの見つめていた
公園の陽だまり
ひとりに帰る時の遠い眼差し
笑顔を見せて
うつむかないで
正直な気持をとどけて

傷ついてても
迷っていても
あなたは誰よりも素敵だった
めぐる季節を
私は見てる
それぞれの想い出ぬぎすて そして

春へと贈る
手紙は今も
ピリオドをうてずにいるから

あなたと生きてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の手紙 歌手:大貫妙子

大貫妙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-22
商品番号:TOCT-8147
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP