試聴する

桜貝のかほり

この曲の表示回数 8,593
歌手:

石原詢子


作詞:

岡田冨美子


作曲:

永井龍雲


なぜ好きなのかわからない
なんで燃えて苦しむの
水平線のあの向こう側へ
手をとりいっしょに逃げますか

桜貝に願い込め
空に投げても落ちてくる
しあわせが欲しいわけじゃない
あなたを失いたくないの

夕日を浴びた引き潮が
つらい恋を物語る
抱き寄せられてふと涙ぐんで
優しいあなたを恨みます

桜貝を指に乗せ
熱い吐息で暖めて
お別れの瞬間(とき)が来ぬように
きれいな呪文をかけました

潮風(かぜ)に吹かれて歩くほど
帰る町が遠くなる
この砂浜に寝ころんで今夜
ふたりの宿命変えましょうか

桜貝を胸に当て
明日(あす)も逢える?と尋ねたら
波音が耳に広がって
あなたの返事を消して行く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜貝のかほり 歌手:石原詢子

石原詢子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-08-24
商品番号:SRCL-5958
ソニーミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP